FREQUENTLY ASKED QUESTIONS

よくあるご質問

基本の知識について

日本はどのように難民を受け入れているのですか?

日本は1970年代後半のインドシナ3国(ベトナム・ラオス・カンボジア)からの難民大量流出をきっかけに難民との関わりを急速に深め、1981年に難民条約に加入しました。ベトナム・ラオス・カンボジアの人々を中心としたインドシナ難民の受け入れ事業は、2005年度をもって終了しましたが、これまでに受け入れたインドシナ難民の数は11,319人にものぼりました。また1982年に難民認定制度が導入されてから2018年末までの間に、750人の条約難民を受け入れました。さらに2010年からは、第三国定住の枠組みによって難民を受け入れており2019年までに50家族194人を受け入れました。

一覧に戻る
ページトップへ戻る