FREQUENTLY ASKED QUESTIONS

よくあるご質問

基本の知識について

会社設立の際に必要な印鑑にはどんな種類がありますか?

印鑑には大きく分けて3つの種類があります。1つ目は「代表印」です。代表印は実印として法務局に登録することになります。。印鑑登録すると、印鑑カードが法務局から発行され会社の印鑑証明書がいつでも法務局で取得できるようになります。会社として様々な契約を行う際には、契約書に実印を押し会社の印鑑証明書を添付することが多くなります。2つ目が「銀行印」です。法人口座を作成するときに使う印鑑です。銀行用に自動引き落とし契約やその他の用途でも銀行での取引に使います。最後が「角印」です。言葉の通り、四角い印鑑になります。法律上、必須ではありませんが、角印の使用方法としては請求書や見積書に捺印して使うことが多いです。

一覧に戻る
ページトップへ戻る