FREQUENTLY ASKED QUESTIONS

よくあるご質問

外国人の雇用について

「就労資格(就労ビザ)」をもたない外国人を雇いたい場合は?

「就労資格(就労ビザ)」をもたない外国人を雇いたい場合、まずは雇用契約書(内定通知書)を締結した後に、入国管理局に「就労資格(就労ビザ)」の申請をし、それが取得された後、働いてもらう必要があります。「就労資格(就労ビザ)」をもたない外国人をそのまま働かせた場合、雇用主は「不法就労助長罪」という罪にとわれ、3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金、又はこれら両方を併科する刑罰を科せられる可能性があります(つまり、犯罪者になってしまいます)。また、「在留カード」の確認をうっかり怠った場合など不法就労だと知らなかった場合であっても、同様に罰せられる可能性があるので、外国人を雇う場合は必ず「在留カード」を確認しましょう。

一覧に戻る
ページトップへ戻る