USEFUL INFORMATION

お役立ち情報

手続き 2020年1月15日

みなし再入国許可ってなんですか?

みなし再入国許可とは、我が国に在留資格をもって在留する外国人で有効な旅券を所持している方のうち、
「3月」以下の在留期間を決定された方及び「短期滞在」の在留資格をもって在留する方以外の方が、
出国の日から1年以内に再入国する場合には、原則として通常の再入国許可の取得を不要とするものです。
今回はその「みなし再入国許可」について解説致します。

【有効期間に注意】
みなし再入国許可の有効期間は出国の日から1年間となりますが、在留期限が出国の日から1年を経過する前に到来する場合には在留期限までとなります。
ただし次の場合に該当する方については、みなし再入国許可の対象とならないため通常の再入国許可を取得する必要があります。
◆在留資格取消手続中の者
◆出国確認の留保対象者
◆収容令書の発付を受けている者
◆難民認定申請中の「特定活動」の在留資格をもって在留する者
◆日本国の利益又は公安を害する行為を行うおそれがあること、その他の出入国の公正な管理のため再入国の許可を要すると認めるに足りる相当の理由があるとして法務大臣が認定する者

みなし再入国許可により出国しようとする場合は、有効な旅券(中長期在留者の方は旅券及び在留カード)を所持し、
出国時に入国審査官に対して、みなし再入国許可による出国を希望する旨の意図を表明する必要があります。
具体的には,再入国出国記録(再入国EDカード)にみなし再入国許可による出国を希望する旨のチェック欄が設けられているので同欄にチェックしていただき、
入国審査官に提示するとともにみなし再入国許可による出国を希望する旨を伝えてください。

 

 

なお有効な旅券と特別永住者証明書(特別永住者証明書の交付を受けていないときは,外国人登録証明書)を所持する特別永住者の方についても、みなし再入国許可の対象となります。
特別永住者の方のみなし再入国許可の有効期間は、出国の日から2年間です。

注意して頂きたいことは、みなし再入国許可では出国中の再入国許可の有効期間の延長は一切できないということです。
ご自身にとってやむを得ない事情(例.病気で入院していた等)があっても、在外公館(海外にある日本の大使館や領事館)で、再入国許可の有効期間の延長は一切できません。

このようにみなし再入国制度は、在留する外国人が短期間に出入国するための手続きを簡単に(簡略化)した制度です。
◆日本に戻るのが1年を超えてしまうとの事情がある(その恐れがある)
◆現在持っている在留資格(ビザ)の有効期間が既に1年に満たない
など、可能な限りリスクを避けたければ、「みなし再入国許可」ではなく、「再入国許可」許可をお勧めいたします。

再入国許可申請は原則本人申請ですが、本人が病気等の場合、親族等が本人を代理して申請することが可能です。
また、お忙しい方や面倒と思う方は行政書士等が代わって申請を取次ぐことも可能です。

 

一覧に戻る
ページトップへ戻る