USEFUL INFORMATION

お役立ち情報

外国人雇用法律 2020年3月25日

要確認!新型コロナウィルス感染症の拡大防止に係る日本からの渡航制限について

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴い、現在様々な国で入国時の検疫の強化(健康申告書等の提出)や入国・ビザ発給の制限を行い、
日本からの入国を制限する動きが広がりつつあります。
今回は「日本から海外への渡航制限について」お話いたします。

【渡航制限とは】
渡航制限とは、日本から海外へ日本国民が入ることについて、政府が命令など法的拘束力のある手段によって制限することを言います。

現在のところ、渡航禁止は憲法上の制約からできません。
なぜなら日本国憲法では、海外渡航の自由が保障されています。
すなわち日本国民には、どこに住み、どこに行くのかという自由があります。
したがって、政府は、特定の地域に入ることを禁止したり、退去を命令したりすることができません。

一方、政府には日本国民の安全を守る義務があります。
危険地域に入るということに対する責任は本人にあるものの、危険地域における問題が発生した場合には、最大限の努力をもって救助にあたらなければならないのです。

そのため、政府は退避勧告を出すなど、海外の危険地域に関する情報を提供しています。
しかし、法的拘束力をともなわない勧告にとどまっているため、本人の意思に逆らってまで渡航を禁止することはできません。

 

 

【現在の日本からの渡航禁止状況について】(2020.3.17午前現在)
各国の対応は流動的なため、予告なしに入国制限が実施されることも予想されますので、都度最新情報の確認に努めてください。
※以下の情報は各政府機関のウェブサイト、航空会社からの情報や報道をもとに作成しており、各国の対応は流動的なため予告なく変更になる場合があります。
※全ての情報を網羅しているものではありません。最新情報、情報の詳細は必ず各自でご確認ください。
※最終的に入国を認めるかどうかの判断は、入国時の入国審査官によって決定されます。
※渡航者に対する各区国政府の規制は事前予告なく変更・実施されており、各地の空港係官、航空会社への通告も公表されている規制と異なっている事があります。

日本からの入国を禁止している国・地域
◆アジア・・・インド、韓国、中国、ネパール、マレーシア、モンゴル
◆中東・・・イスラエル、イラク、サウジアラビア、バーレーン、レバノン
◆アフリカ・・・ガーナ、コモロ
◆欧州・・・ウクライナ、エストニア、キルギス、ジブラルタル、チェコ、デンマーク、トルクメニスタン、ノルウェー、フランス、ロシア
◆北中米・カリブ・・・トリニダード・トバゴ
◆オセアニア・・・キリバス、クック諸島、サモア、ソロモン諸島、ツバル、バヌアツ、マーシャル、ミクロネシア

【まとめ】
多くの人が少しでも安心して暮らせるよう、誰もが早く新型コロナウイルスの感染が終息することを願っています。
海外旅行などを検討している方は、渡航先、経由先の国がビザ発給や入国の制限をしていないか必ずご確認ください。
その上で決行するのか、それとも諦めるのか結論を出していただきたいと思います。

一覧に戻る
ページトップへ戻る