USEFUL INFORMATION

お役立ち情報

外国人雇用ビザ 2020年4月2日

中国人を雇用する方必見!中国人を雇用するメリットとは!?

深刻な人出不足に悩む日本の企業ですが、単なる労働力として大量の外国人を採用したい、とは考えていないようです。
可能であれば諸条件を整えた上で、優秀な中国人材を積極的に採用したいと考えています。
企業にとってプラスになる人材であればこそ、ぜひ、来てもらいたいというのが本音なのです。
ここでは、「中国人を雇用する際のメリット」についてお話ししたいと思います。

【中国人を雇用するメリット】
◆中国企業や中国人顧客との取引に強くなり、事業拡大が見込める
中国は「世界の工場」と呼ばれ、世界各国の企業が製造工場を設けています。
日本国内の企業においても中国の企業や工場と取引することが増加することが見込まれます。

そういった工場との取引や中国への進出計画がある場合、日本と中国の双方の言葉や文化、習慣に精通している中国人材を雇用することで、
交渉が有利になり、市場調査から事業遂行までの様々な局面においてもコストを大幅に抑えることができます。

また、日本へ訪れる中国人観光客が毎年増加している中、飲食や小売、観光業界においても接客や通訳として中国人材を雇用することで、サービスの向上や集客に繋がります。

◆若い労働力を確保することができる
少子高齢化が進む日本では、若い労働力が不足しており、人口の多い中国に若い労働力を求める向きがあります。

中国人材にとっても、特に若者は日本のビジネススタイルを学びたい、賃金が地域によっては中国よりも高く得られるなど日本で就職するメリットは大きいです。
中国人材にとって魅力的な職場環境や条件を揃えて、企業を担う若い労働力を育てていきましょう。

◆社内への新しい風となり、企業一新に繋がる
日本とは異なる仕事への考え方や姿勢、異文化コミュニケーションが社内の雰囲気を変え、日本人社員の意識改革への強力な手段ともなりえます。
また、日本人とは違った、発想やアイデアを産み出す可能性も期待できます。

 

 

【まとめ】
中国人を雇用するメリットとして、近年では日本に中国人観光客が多く訪れているので、観光客相手の接客、通訳が望めます。
外国人社員の場合は、異文化のコミュニケーションや新しい発想、仕事の仕方などでお互いに刺激を受ける効果が期待できます。
また外資系企業との取り引きにも有効です。中国人には志の高い人が多く、勤勉に励み、企業の力となってくれます。フレンドリーな国柄ですので、職場の雰囲気がまた違ったものとなるでしょう。

一緒に働くにあたって、文化を理解すること、言葉が伝わるようハッキリ言うことが重要です。
日本人特有のサービス精神は外国人労働者には理解し難いものですので、「日本人らしさ」ではなくその人が持つ“良さ”を引き出してあげましょう。

外国人労働者には注意する点もありますが、メリットも大きいです。
未来を見据え、外国人労働者と共にスキルアップを目指しましょう。

一覧に戻る
ページトップへ戻る