USEFUL INFORMATION

お役立ち情報

ビザ手続き 2020年5月22日

外国人配偶者の認定証明書を紛失したらどうしたら良いですか?

外国人の配偶者を日本に呼ぶ場合ですが、在留資格認定証明書を申請して、許可をもらう必要があります。

無事許可となって、入国管理局から「認定証明書」が送られてきたら、その認定証明書を現地の配偶者の元へ国際郵便で送ることになります。

実は認定証明書は紙1枚なので、時々失くしてしまう人がいるわけです・・・

自宅で失くす、郵便局へ行く途中に失くす、現地の配偶者が失くす、などいろいろな場面でなくす可能性があります。

認定証明書を失くしてしまった場合、認定証明書は現地の日本大使館に添付して提出しなければならないので、失くしてしまっては、大使館に申請することが出来ません。

ですので、再度日本で入国管理局に再交付の申請を行う必要が出てきます。

端的に言ってしまうと、「再申請」することになります。

 

再申請では、基本的に前回提出した資料を使ってもらうことにより、もう一度一から申請に必要な資料を全て集めなければならない。ということはありません。

ただし、「前の資料を使ってください」という内容の申請書式を使用しなければならず、それを使わないと再度すべての書類を集めて申請することになってしまいます。

しかも「前の資料を使ってください」というお願いをしたとしても万が一認めてもらえなかった場合、結局のところ、一から書類を全て集めて申請をする必要が出てきます。

再申請するわけなので、紛失したという理由で、即日再交付されるほど甘いものではありません。

再申請に行って、審査期間を経たあとで認定証明書が再度郵送されてきます。

ですので、外国人の配偶者が日本に来ることが出来るのが大幅に遅れてしまい、スケジュール通りにいかなくなります。

ですので、紛失にはくれぐれも注意してもらう必要があります!

一覧に戻る
ページトップへ戻る